P.37 Mark followed close behind as they crossed a dry creek bed and headed for
home.






マークは弟のうしろにぴったりとくっついて走り、二人は干上がった小川を横切って家にむかった。