P.24 The red face emitted a loud, sluggish noise, and Mark knew there would be
no more chances.






赤ら顔から大きくてゆったりとした音が洩れてきた、今を逃したらもうチャンスはあるまい。